読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊星歯車機構

主に三次元

ジャニーズパワーという神番組

キンキ 芸能に関しての諸々

ジャニパワが台湾で放送された当時、というのはあんまり定かではないんですが2000年~2003年くらいの間だったように思います。

此処を調べないところが自分の悪いところですね。今ほら、何でもあるから調べる方法って。(他人任せ)

インターネットって今でこそスマホもあるしPCも一家に一台あってもおかしくないしなんならタブレットもあるわけで。

私はばばあなので1990年代から使ってるんですが、当時は電話回線でジジジジジって変な音させて使ってたわけです。1分〇円、みたいな感じで課金されてくので怖ろしくて10分使って終了させてた覚えがあります。そこからADSLになって「なんだこの繋がりやすさ!」って思ってたらあっという間に光ですもんね、此処20年のインターネット世界って言うのは物凄い速さで進んでいると思います。(ばばあ回顧録おわり)

で、ジャニーズパワーという番組はJフレが好きだ!って世代ならばもれなく知ってる番組だと思うんですが、これ当時日本では放送されない台湾の番組でした。

V6さんとキンキさんとトキオさん(多分このあたり)がそれぞれ好き勝手にお題を与えられうだうだと(テキパキと)やってる番組でした。今で言うところのネット配信番組と似ている気がします。(民放では流せないと判断されるであろうぐだぐだ感)

記憶がないのでまぁとりあえず2002年ごろ、と考えるとこの番組を日本で見る方法が皆無なわけです(笑)「え? つべ見りゃいいじゃん」「ニコ動で上がるでしょ」ていうか「デイリーモーションあるやん」って今なら言えます。今なら言える。

でも2002年当時というものはまだYOUTUBEすら誕生していない時代。「台湾でなんか楽しそうな番組やってるらしいよ!」「なんだそれ!!日本でやらんのか!!」「見たい!!!!!」ってなるわけです。

見られないから余計に!!

で、当時は台湾にお友達がいる日本人のお友達がビデオ(当時はビデオだったんです。DVDも存在していましたがデッキが無かったりして主流はビデオだったと思います。この数年後にDVDに変遷します)を拡散してくれて、友達の友達の友達から回って来る(すでにどこから回って来たのか解らない)のを「な、なんだこの可愛いの!!! 楽屋じゃないか!!! ラジオ並にゆるい!!」(キンキさん)と涎を垂らしながら見ていました。

とにかく可愛いわけです。私はキンキさん中心でしか見てないんですが、ピンクのイルカを釣る光一さんと青いサバを釣る剛さんの回とか奇跡のように可愛いわけです。ただ二人がくっちゃべりながら釣りゲームして釣った魚数えてるだけなんですけど。緩さといい会話の内容といい、雰囲気といい、素晴らしいキンキさんが堪能できます。そのほかにもいっぱい可愛いのありますけど!! 足つぼの二人は見てはいけないような淫靡さを感じます、可愛いけども!(笑)

で、何の話かと言いますと、当時台湾(他の国も流れてたんでしょうか? 字幕の言語見る限り台湾だけかなと思うんですけど)で、台湾のために作られていたジャニパワって番組は、日本では放送されなかったわけで。

と考えると、昨日「ネット戦略考えたほうがいいんちゃうか」と図々しいことを書いたんですけど、当時、事務所は「諸外国戦略」を一応考えた上で番組作ってた、ということになりますよね。(CMがWinkupだったのでワニブックスが出資してる可能性もありますけど。ワニっていうかKKブックスになるんだろうか、謎です)

10年以上前にちゃんと「日本以外の国」を考えて進出していたのは一体だれの指示だったんだろうなぁ、と思うし唐突に終わってしまったのは一体何故? と思うし、今も昔もJ事務所の「国外戦略」ってとっても不思議だなぁと思います。

「戦略」という意味で一番「やりよったな」と思ったのはSMAPさんの北京公演。

中国に詳しい子に当時話を聞いたのですが中国では「北京」という土地は政府管轄であるから芸能が自由に立ち入れる場所ではないらしく、芸能人が公演するのであれば香港、上海、澳門あたりが妥当なんだそうです。そもそも中国の芸能事情が特殊らしく中国にも勿論芸能事務所は存在しているんですが、デビューして本格的に芸能界を目指すのであれば「台湾に行った方が早い」という鉄則があるらしいです。(あくまで私の友人の談ですが)

台湾の芸能事務所のほうがしっかりしているらしく、そこでちゃんと育てて貰って中国に帰って花開く、ということが多いそうです。

それを聴いて思い出したのがEXO。私、EXOも好きでコンサート行ったことあるんですが(節操がないとはこのことです)EXOに所属していたクリスとルハン。私はMが好きだったので(物凄く簡単に説明するとEXOっていうのは韓国のSM事務所所属の男性アイドルでKとMに分かれて活動し、一緒に揃っても活動するって言う解りやすいたとえだとV6で活動する彼らがカミセンとトニセンに分かれる感じです。ちなみにV6は年齢で分かれてますがEXOはMが中国、Kが韓国、でMのほうは中国人メンバーと韓国人メンバーの混合、てかんじです)クリスもルハンも大好きだったんですが、この子達は既に脱退しているんです、EXOを。

で、私は特にルハンが好きだったのでルハンのその後しか知らないのですが、ルハンは中国で現在芸能活動をしています。脱退、ショックだったんですがよく考えたらその「台湾の芸能事務所で育てて貰って中国に返り咲く」というのを「韓国の事務所に育てて貰って中国に返り咲く」というのに似通う箇所があるな、と思ったわけです。

わー大分、大分遠い話になってる! 違う、この話じゃない、戻そう。

SMAPが中国、しかも北京で公演をしたっていうのは誰もが気付く通り政治的意味を持っている公演だったのだと思います。香港でも上海でもなく「北京」なわけですから。

これ今はてな用に書いてるので昔のブログから話題引っ張ってきてないんですが、その当時こういう政治的要素があるんじゃないかって書いた記憶があるんですが「どういう政治的要素があったか」をさっぱり忘れてるのでまた過去のブログ漁ってきます。当時の日本と中国の関係からおさらいせんとあかんですね。

ええと、結論から言うとJ事務所の所属アイドルというのは政治的な意図が絡むくらいに「影響力が大きい」ということです。

ネット戦略もなしに何故かやたらと大きくなって諸外国が日本の男性アイドルと言えば「ジャニーズである」、ってことを知ってる現状はほんとにすごいことだし、何故ジャニパワであの時期にプロモーションかけてたのに今は何もやってないの。とちょっと残念に思ったりします。

というこれを書いた理由はボイメンの番組を見たからなんですが。ボイメン、名古屋の希望の星、男性アイドルグループなんですが私この子達を深夜番組でかなり昔から見てるので世界制覇の話きいてびっくりしたんですよ。タイで番組持ってるとかタイで単独ライブやるとか。本当に頑張ってるなぁってしみじみ思って。

ジャニーズもそういうのやってくれてもいいのにな、と思います。勿論アジアツアーを各グループがやってるのは知ってますしそればっかりやられても「ま、待って!海外までおっかけるのきつい!」となるのは目に見えてるわけですが、なんか折角なら「すごいこたちがいるんだよー」ていうのを知ってほしいという私の勝手な我儘な話なのでした。というか芸能とか文化って政治の話より絶対垣根が無く親交を深めることができるからすごくいいコンテンツなのになぁっていう戯言でした。

 

ただ、此処まで書いてアレですけど「日本以外に出ていく理由がない」というのもわからんわけでもないんです。日本の音楽市場は世界2位(AKBが売り上げとんでもないときは場合によっては世界1位)。そんな市場において「別に外国出て行かなくてもいいじゃない」というのはあると思います。韓国のアイドルが日本に輸入されるのは韓国の音楽市場が日本の市場と比べて大分小さいからです。稼ぐならアメリカという未開の地よりも日本のほうが勝算がある、という理由。ボイメンに関しても3代目やなんかのエグザイル系とJ事務所がはびこる日本ではパワーバランスが違いすぎるので諸外国で勝負、というのも理解はしているんです。

でも利害関係を抜きにした場合、海外でも受け入れて貰えるっていうのはありがたいことだし、それで日本のこと知ってもらえるのは嬉しいと思うし、世界平和なんて言葉を大々的に叫べるほどに若くもないですから(ばばあはやっぱりばばあだな!by上田)そんな大それたことも思ってるわけじゃないんですが、かわいい子たちを知ってもらって楽しんでもらえたら嬉しいやないか~!!!!って思ってるわけです。

ジャニパワをやってた当時の事務所の方針と今とで何が変わったんだろうなぁ。一介のファンが知り得るところではありませんが、気になる箇所です。

今だったらネット配信でああいう番組やってくれてもいいのになーと思うのでした。いや、正月の各グループの動画は可愛かったけどももっと長いことやってくれたら嬉しいのになー忙しい人たちにそんなこと言うのも酷か(苦笑)

事務所の海外とのかかわりっていうのはよくわかんないんですけど、とりあえずパンダの話をしようじゃないか、そのうち。と思います。

 

徒然に書いたブログを読んでもらうという機会があまり無く、ただくっちゃべる趣旨で書いてるブログも初めてなので読んでくださる方には感謝しています。ありがとうございます。星くださった方もありがとうございました!!びっくりしました。読んでくださってる方いらっしゃったんだ!!って。

ありがとうござました。

 

追記。

ジャニパワはつべに落ちているのでぜひ見てみてください。(リンク貼れよ)