読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊星歯車機構

主に三次元

2013年2月SHOCK感想

キンキ

2013年の2月の話。

今年初のSHOCK、観て来ました。
もうこの日のために私仕事頑張ったよ……手帳見ても無造作に「仕事クソ忙しい」としか書いてない日が沢山ありましたが、まぁいいんです。そんなもん、仕事は忙しいほうがありがたいわけですし。
そう、帝劇。
多分、なんですが、多分、10年目なんです。帝劇に通い始めて。

はじめての帝劇は、父の死後2日後にはじめて帝劇からチケットが届いて、行くかどうするか凄く悩んで(四十九日ぎりぎりのあたりでしたので)、母とも相談し、結局行く、という選択をしました。父と最後に乗ってた車で流れてたのもキンキさんの曲でしたし、父は私が光一さん大好きなの知ってたのでこれはもう、プレゼントだと思おう、と思って。
あれから10年です。
まさかSHOCKがあれからずっと続いていると思っていなかったし、こういう日がくることも全く見えてませんでしたが、相変わらず私は光一さんが好きです。
今日漸くドキュメント観たんです。仕事から帰ってきて、二度も(笑)
もうねーもうほんと、私このひとのファンでよかった。
一生好きだと思います。今後、この先、嫌いにはなれないと思う、この人のこと。
とんでもない人ですね。とんでもない人があんな笑顔でみんな大好き。って言っちゃうんだからカンパニーの方々はほんと凄いなと思ったりして。非常に楽しかったです。当分あれに癒されようと思います。あー格好いい。

あ。
話ズレた。
帝劇の話でした。もう正直、台詞も演目も10年観てれば覚えているわけです。
でもそれでも久しぶりに今回、観るのに緊張しました。何年ぶりかわかんないんですが3列目だったんです。でもそれよりも、10年見続けて初めての「ド真ん中」の席で。私ド真ん中の席が過去一度も無かったので、前の方が嬉しいと言うよりもど真ん中が嬉しくてたまんなかったんですが、想像以上でした。
あれ、1列目の人凄いなと思います。あんな近かったらなんか違う意味で動悸息切れしそうです。想像以上にとんでもなかったです。ちなみに、あの、台湾で一応写真も一緒に撮らせて頂いているんですが、いや、これあれやん、帝劇のが全然近いわ。という距離感でした(苦笑)
物凄く駄目な視点で見る感想をまず。(あとで真面目に書くので許してください)
最初は全然汗をかいていないこーさんも次第に汗をかくのですが、「なんでそんな綺麗に汗かけるわけ?」というくらいなんか、なんていうの? 首筋とか綺麗なわけですよ!! ガン見してごめんなさい。艶っぽかったです。うっすら汗かいてるときがなんかもー、うん。素晴らしかったです。あー綺麗。そしていちいち指が可愛い!! 指の動きがなんか説明できないんですが可愛いんです。それもガン見。
あとは足首。ちらりとのぞく靴下に昔なんぞや色々あったなーと思い出しつつ、ちゃんと色変えてることに驚いてみたり。しっかし綺麗な人でした。綺麗! 美人!!
で、真面目なことを言うと、殺陣が半端なく怖いです。あの、最後階段の上にやらちゃんがいて、残りの子たちと戦うシーンがあるじゃないですか。あそこ、全然気付かなかったんですが、一旦一旦光一さんは殺陣を終えると真ん中に戻ってくるんです。その真ん中に戻ってきたときの息遣いがもうなんていうんですか、大丈夫なの? という。当たり前なんですけど物凄いんです、皆がみんな。汗だくですし、呼吸困難みたいになっちゃってるし(そりゃ国営ドキュメントであれだけのものを見せられてたらこちらも覚悟してみているつもりではあるんですけど)、鬼気迫る感じが壮絶で、殺陣をあんなに恐ろしいと思ったのは初めてでした。そしてあの血まみれ光一さん。……絶句でした。もう殺陣んときから泣きそうになるわなんやらで凄かったです。
1幕終了後、友人と同時に呟いた言葉が「此処、怖い!!!」でした。
そして2幕。
私の大好きな曲がなくなってしまったんですが、でも前よりもっと良くなっていたのでそれに関しては全然寂しくないです。というか2幕!! 

2幕、私多分一番好きです、今回の衝撃。ネタバレになっちゃうのであんまり言えませんが、でも太鼓のとこ。
私あれ見て「あー、この子は神への供物だ」とか本気で思いました。ごめんなさい。
丁度少し前にSHOCKを観覧された方とお話していて、その方が「天使でした!!」って仰ってたんですが、もーほんとにそうだと思う。というか2幕神!!!(涙)

私、もう一度観たいです。2幕の太鼓が素晴らしすぎて。DVDであそこだけでも出してくれませんか……
もーたまらんかったです。凄く好き。あのダンス、物凄く凄く好きです。綺麗。
あーもっかい観たい。
夜の海の前にあんな素晴らしいもんが見られると予想もしてなかったので(私はSHOCKはあんま情報を仕入れずいきます)、度肝を抜かれました。あのダンス永遠に観てたかった……
衣装も好きなんですが、あの群舞、たまらないです。
そしてあの時間になると光一さんやたら色っぽいんですけどどうしてだろう。最初ちょっと表情かたい? なんて勝手に思っていたのですが、もうなんか、コウイチなんですよ……光ーさんじゃなくてコウイチ。

大桜が待ってるコウイチなので、だからなんでしょうか、間際の美しさみたいなもんがあって、目が離せませんでした。
にしても想像以上の改変でしたが、素晴らしかったと思います。私は凄く好きです、今回のSHOCK。そしてもう多分一生あんな良席で見られることはないと思います。後生です。お許しください。そしてやっぱり、10年目の父のプレゼントだと勝手に思ってるので、おとんありがとう。と思ってます(笑)
時間が流れるのは早いですね。
でも同じ10年でも、価値も意味もある10年だと思います。光一さんの10年は。
あー見習いたい。日々、精進します。あそこまでの努力はできないけれど身の程にあった生活を頑張りたいです。
というわけで生きる糧! でした。
ありがとうございました、カンパニーの皆様方。素晴らしかったです。
今も思い出そうとがんばるんですがでてこないー太鼓んときの曲がでてこないー(涙)
嗚呼もうあそこほんとうによかったなぁ。薄っすらとした記憶を再生させて今後を乗り切ります。なんかもう神々しかったんですよ。痛いといわれてもいいです。最初っから光一さんに関して私は結構な勢いで痛い人です(笑)でもほんと、あーこのひと人間じゃないのかもしんない。神様に近いのかも、くらいのことは思いました。衣装が白に銀っていう所為もあるのかもしんないんですが。あのひらひら感もあいまって神々しかったです。痛くてごめんなさい。でも!! 凄かったんだから凄いものは凄い! と大声で言ってもバチはあたんないだろと思ってる自分もいるのでした。
SHOCKは私の中では「ご褒美」なので、日々ちゃんとした生活をして、顔向けできるようになってから観にいきたいと思ってます。なのでまた仕事もその他諸々も、頑張ろうと思います。光一さんからだには気をつけて!! 遠くから祈ってます。

全然関係ないんですけど、堤さんの番組で「ヒマラヤ巡礼」というのが1月にやっていて。私最近疲れたときはそればっか観てたんですが、堤さんがヒマラヤに向かう、という番組で。
ネパールからヒマラヤに入るのですが、そのネパールのヒンドゥー教のお祭りで「インドラ・ジャトラ」というものがあります。
この祭りの主役は「クマリ」と言う歳若い(現在のロイヤルクマリは7歳)少女です。彼女は3歳に選ばれて「神の子」として扱われ生活している子です。初潮がくるとその任を下り、また新しいクマリが選ばれると言うシステムです。
クマリには人権侵害だのなんだのと、色々問題視もあったりするのですが、でも。
この子を見ていて、アイドルが「偶像」の意味だと言うのが物凄くよくわかりました。クマリは一年に一度、そのお祭りの日しか披露されません。普段はクマリ専用の建物で両親とはなれて暮らします。全てのアイドルがアイドル、全員が「偶像」では無いと思うのですが、何処かその神の子とも似ている箇所があるのではないかと思ったりして。
なんらかの力によって選ばれた子達は、やっぱり力があるのかなとも思います。選別されてこなかった側の人間からしてみれば。特殊ななにか、その「選ばれた時点での運命」のようなものは逆らいようが無いのかな、とも。
それを全てのアイドルに重ねるわけではないのですが、何処か、その雰囲気を持つ人たちが数人いるなぁ、業界には。と思ったりしたのでありました。
なにがいいたいかって、そういう存在がとても愛しいという、それだけのことです。
私は、それこそ崇拝する側の人間なので(過度だと駄目だと思いますが。世の中のものは大抵、過ぎたるは猶及ばざるが如し、です)。

広告を非表示にする