遊星歯車機構

主に三次元

歌のこと

どやも聴けてないしエンタも買ってません(苦笑)
どやはまた20日以降に纏めて聴けたらいいなー
エンタは帝劇版ほしいので当面お預けです。
楽しみ!
キンキさんてお財布に優しいアイドルだなぁと今更ながらしみじみと思います。でもとりあえずね円盤を……円盤が聴きたいなぁ……
昔の曲でも十二分に楽しんでおりますが、次回アルバム楽しみにしてます。ほんとに聴けば聞くほど声の質とか歌い方とかほんとうに綺麗で楽しい。剛さんの声とかびくっとするときがあります。死ぬほど上手いな!!!って思って。特に最近のアルバムは「無」だと本人が言う様に物凄い透明と言うかすごい際を歩いてるというか、黄泉の国とこっち側のぎりぎりの線が見られる声というか「なんだこのひとの声!?」とたまにどきりとするのでした。優しいけど空っぽな感じが凄い惹かれる。ずるい。
空洞ってすごいと思うわけです。
なにもないところ、が限定的にその場所にあってその場所は「なにもない」という事実で埋められてるんだけその「なにもない場所」を満たしている「物質では無い何か」例えるなら「観念」みたいなものがそこにあるっていうのがすごい不思議で、それを体現できてる声があることがもっと不思議。怖い、アイドル怖い。
で、私は百年ノ恋くらいしか最近は剛さんソロ聴いてないので比較できないんですが(そもそも比較をするようなものでもないのですが)、キンキさんに関していうとそのものすごい虚無と言うか空っぽというか「無」にちかいところに光一さんの硬質な声音が載るとものすっごい美しい青色系(視覚にすると青だけれど感覚で言うと悲哀)が増殖して「ぎゃー」と思うのでした。
なんだろう、もう絶妙としか言いようのない声質だなふたりとも、と思います。光一さんも無なんですが光一さんの無は意識外の無な気がしてます。剛さんは意識内の無。
で、キンキさんの曲を聴くたびに好きな曲はいっぱいあるしキンキさん以外も勿論大好きだと言える曲は大量にあるけれどこんなにも「あーほんっと好きだなぁ」と思う「声」は無いな、と思ってます。曲云々の相乗効果も勿論あるんですけど彼らの真髄はやっぱりそのマイナーな声質でそれを見抜いて硝子の少年を与えた周りの大人が凄いと思うし、その路線を崩さず今に至るのは本当に、いちリスナーとしてはラッキーな現場に居合わせたなと思っています。
声がほんとにいい。
アイドルで「与えられた歌」を歌っているときが彼らの空っぽさを際立てるようでそこが凄い好きだったりします。日本語の歌詞の空々しさみたいなものすら尊く思えるという、凄い不思議な効果。
愛してるも好きも彼らが歌うと熱の籠らない流れる水みたいになる。
大人になってもそれが消えなかったことは凄いこと。
透明って言うのは凄いですよ、無個性、没個性は逆に想像を豊かにさせるわけで。此処まで他人に全てを預けてしまう透明度っていうのはなかなか無いんじゃないかと思ってます。(没個性が逆に「個性的」であることを際立たせるというか、結果的に「無」が彼らの存在感をより強力にするというか。それを自然に知っちゃってるところが脅威)
面白い人たちだなーと思ってます。
彼らは「曲」と「リスナー」を繋げる「触媒」の役割の人たちですがこの触媒が無個性であればあるほどインスピレーションがおきやすく発想は飛躍的に豊かになる、てのを実践してる人たちだなあと。
無個性って言葉がとても悪いので伝わりにくいんですが「無」が悪いことでは無くそこに「自我」を介在させるよりもよっぽど作品として素晴らしいものが出来る、という意味合いで使ってます。
その触媒ってのを考えるとそうか、巫女さんとか依代とかそういうものだって時折いう剛さんの気持ちも「そうだなぁ」と納得してしまうのでした。「届ける」のがまず大前提なんだなと。
相変わらず興味深いです。
踊ることに関しても歌う事に関しても起源論はやるなって大学で言われたから結局起源はわかりませんが私は「神にささげる」ものだと思っていて。
神って言うと宗教的になるか。言葉を変えたら「なにかわからないけれど絶対的なもの、人間を超越したもの」になるのかな、現代だったらそれは感情でもいいと思うわけです。愛だったり業だったりそういうものでもいいとおもう。

自分の世界の中で自分の絶対的なもの、そういうものがあるならそれに向かって「いのる」という行為の一環でダンスも歌もあると思うので、やってるこたぁ同じなんですよね。
光一さんが衝撃でひたすらに踊るという行為も、剛さんが平安神宮で歌うという行為も。
やっぱりどこかに通っていて「やっているその行為は違うけれど、共通の場所に向かっている」というのはそういう点からも思うわけです
違うことをしている二人だけれども、行為の真意は同一のもの、というか。
あーやっぱりキンキさん面白いな。と思います。
あの二人は本当に興味深い。
どっちも神様に愛されてる子達なんだろうなと思ったりもするのでした。
痛いな(笑)
まぁいいや、痛いのは前からだしなー
ヲタクは痛いくらいで仕方ないと思おうとおもいます。

広告を非表示にする